top of page

アラジンの舞台?!「囚われの塔」のアグラ城〜そこまで行くのに一苦労〜

更新日:2020年11月19日

これから週に1度ほど、

映画🎬コラムだけではなく、さまざまなインドをお伝えしていきます!

第1弾として、私のもう一度行きたい観光地✨を紹介します!!


※日記形式で書いているので、文体が変わります!ご容赦くださいませ🙇‍♀️💦



さて今回の場所は、アラジンの舞台?!「アグラ城(Agra Fort)」です!!!


「囚われの塔」

 この門(①)を潜っていくと、まるで小さな花々が息をするように咲く庭園(②)が現れる。そこを進み、迷路のように入り組んだ宮殿の中に入っていく。赤の壁に映える、イスラーム建築特有の丸いアーチで切り取られた白い石造りの建物に目を奪われた(③)。


 それから、迷路のように入り組んだ城の中を彷徨っていたとき、私は隠し部屋を見つけた。

 あのタージマハルを建てたシャー・ジャハーンが、自分の息子によって8年間幽閉されていた場所だった。ここの部屋からは、彼が1番愛した(当時は、一夫多妻。)亡き妻の墓が遠くに見える(④)。


 17世紀ごろ、かつてこの場所にいた人々は、どんな想いで真っ白なタージマハルを見ていたのだろうか。そう思った途端、何故だか胸が張り裂けそうな気持ちがした。

この感情の揺さぶりは何だったのだろう。この城に残る痕跡を、1日で辿ることはできなかった。いつかまた、ここを訪れたい。そんな私も、もうすでに囚われているのかもしれない。(⑤)

※(番号)は、写真を載せてます!

気になった方は、コロナが収束した後にぜひ訪れてみてください❤


◉アクセス◉

首都デリーから(アグラ城とタージマハルのある)アグラへは、特急で数時間かかります。選ぶ特急によって時間は変わりますが…

私は直前の予約だったので、めっちゃ時間かかるコースに乗ってました笑


ようやく最寄駅ついた!ってのは一瞬で、

観光地まで少し距離があるので、1日タクシー🚖をチャーターした方がいいかもしれません。駅でタクシーのおいちゃんセンターがあるので、どの言語でも意思を伝える力がある方はおすすめします。観光地なので、若干高めですが、、、。


次回は、タージマハルかな〜


p.s.

アグラで胡坐をかいた写真を撮ればよかったと後悔してます…(笑)


※日本インド学生会議24期のメンバーとして活動して下さる方(学生)募集中です。

概要は、こちらをクリックしてください!

最新記事

すべて表示

【オンライン講演会のお知らせ】 講師:松浦夏野氏 (日本工営株式会社 地域整理部課長) 〜インドの農村開発における開発コンサルタントの役割〜

【今週13日(土)開催】 JISC×日本工営株式会社様 📢オンライン講演会のお知らせ📢 【日本工営株式会社様のご紹介】 海外160ヵ国以上で実績を上げている総合建設コンサルタント会社です。 海外でのODA事業にも多数携わられ、インドにおいては、灌漑事業や点滴灌漑導入による園芸栽培促進事業等のプロジェクトに従事してこられました。 【今回の講演会・概要】 テーマ:「インドの農村開発における開発コン

【オンライン講演会のお知らせ】講師:笠井亮平先生 〜インド総選挙後の日印関係〜

こんにちは!第28期日本インド学生会議です。 この度、岐阜女子大学南アジア研究センターの笠井亮平先生をお招きし、「インド総選挙後の日印関係」をテーマに、講演会を開催いたします。今年インドでは、世界最大の選挙が行われ、大きな注目を集めています。本講演会では、日印関係や南アジア関係がご専門で、インド政治・外交・文化にまつわる様々なご著書をお持ちの、笠井亮平先生を講師としてお招きし、インド社会の「今」と

【第28期日本インド学生会議:本会議テーマ】日印で考えるまちづくり

みなさんこんにちは。第28期日本インド学生会議です。 第28期日本インド学生会議の本会議テーマが決定いたしましたので、お知らせいたします。 第28期日本インド学生会議 本会議テーマは「日印で考えるまちづくり」に決定いたしました。このテーマを、日印の両国から集まる約20名の学生が議論とフィールドワークを重ね、学びを深めてまいります。 本会議テーマに関する学びを深めるべく、3つの分科会(内容の変更の可

Σχόλια


bottom of page